治験のバイトは危険?治験が危険だと言われる理由とは?

治験のバイトが危険だと言われる理由とは?

治験に関してネットなどで調べてみると、参加するこの危険性に関する質問やコミュニティが多くありますよね。某巨大掲示板などでも副作用の危険性に関して多くの方が書き込みをしています。治験に興味を持った方なら一度はチェックしたことがあるのではないでしょうか?

 

実際の治験の危険性は?

治験を行う場合にはまず、それ以前にいくつかの前臨床試験治験を経て、効果や安全性などの評価のデータが得られた薬などが、人に対しての治験へと選ばれていきます。そして人に対しても、3段階の臨床試験を経て効果と安全性が確認できたものを厚生労働省から承認を得る為に行われています。

 

副作用に関しても事前の説明で考えられる副作用に関しての説明はもちろん、万が一の重大な副作用の症状が現れた時の対応や治療、保障についても整備されており、それらにかかる治療費などは製薬会社などが負担することになっています。

 

治験参加者の意思が最優先される

治験はあくまでボランティアとして薬の治験に善意で協力している形ですので、事前の説明はもちろん、参加中でも途中で辞退することができます。あくまで参加者側に決定権があるという点があまり浸透していないため、まるで身動きが取れない状態で薬を試されるといったイメージで危険に感じる方が多いのかもしれません。

 

治験のバイトとしての評価

治験は厳密には有償のボランティアですが、短期間で他のアルバイトと比べて高額な報酬が魅力です。
また、治験期間中も自由時間が多く、治験ごとに決められている最低限のルールを守っていれば、快適だという声も少なくありません。
重労働を課せられるわけでもなく、期間中大人しくしているという、時間を持てあますのが苦手な方以外なら、おすすめという声はとても多いです。

 

自由時間を快適に過ごすための娯楽(ゲームや本・インターネット環境など)も用意されています。

 

安心して治験情報を探すための治験情報サイト

安心して治験に参加する為には、まず治験を専門に扱っている情報サイトへの登録が基本です。この治験情報サイトは製薬会社や医療機関と提携して運営されているので、仲介料や登録、利用に関して無料で情報を得ることができます。

 

大手の治験ボランティアサイトとして知名度が高い「V-NET」も多くの治験体験者が利用しているサイトで、サイト内のQ&Aやメルマガなどでもしっかりと治験に対する疑問点や不安の解消をサポートしてくれます。

 

無料で治験情報を探せるおすすめサイト「V-NET」

 V-NET