治験で副作用が表れた場合の治療対応と保障について

治験で一番気になる副作用が表れた時の対応とは?

治験のバイト(ボランティア・モニター)に興味がある方で、あと一歩踏み出せないという方に多いのが、薬の副作用への不安だと思います。生活にも影響がある症状が残ってしまったら・・と考えるといくら高額な謝礼が期待できても不安が勝ってしまいますよね。

 

治験での副作用に関する対応

まず人に対して行われる薬などの治験の場合、毒性実験や安全性薬理試験などを経て安全性を確認する「前臨床試験」を通過したものが治験へと採用されます。

 

また、治験に参加する方は、事前に専門医から考えられる副作用についての可能性についての説明があります。
例えば、風邪薬を飲むと頭がボーっとしたり、眠気を引き起こすというような例をイメージしてもらえるとわかりやすいかと思います。

 

この副作用を含めた治験に関する事前の説明を聞いて参加を辞退することも可能です。
これら事前の説明インフォードコンセムを通して納得、合意した上で治験に参加しますので、説明もなく強制参加ということはありません。

 

万が一の重大な副作用が起きた場合

納得した上で、治験への参加中、万が一重大な副作用が発生した場合、医療スタッフによる適切な治療や対応を行い、薬による影響による副作用と診断された場合には、製薬会社から、保障を受けることができます。この保障の内容や該当条件に関しても事前に説明を受けることで、参加をするかを判断することもできます。

 

予想される副作用に関してのデータを取ることも治験の重要なテーマですが、万が一の重大な副作用に対してはしっかりと治療や保障制度を整備しているところが多いです。

 

治験の求人募集サイトでも副作用に関しての対応を確認しましょう

治験ボランティアの紹介サイトでも、サイト内でこれら副作用に関してしっかりと解説してあるところは、案内する治験情報にも安全性などにも配慮しているので、登録の際には確認をするようにしましょう。

 

副作用に対する説明が明記してあるおすすめサイトのひとつ、ニューイングはサイトの登録画面内にしっかりと副作用に関する対応や治療、保障に関して明記しているので、安心して治験の情報を探したいという方にもおすすめです。

 

ニューイング