治験のバイト評判

MENU

治験のバイトの評判は?

治験のバイトに興味があるという方で実際の治験の期間中の過ごし方や安全性、副作用に関しての疑問や不安を感じる方は多いかと思います。
ただ、実際に治験を体験した方の多くは、イメージしていたよりも普通、楽だったという感想を持つ方も多いです。

 

また、短い期間で高額の謝礼が貰えるからおすすめ!という方も多く体験者からの評判は良いです。

 

そこで、治験を体験した人からの評判から、こんな方なら治験に参加しやすい、また、治験中をストレスが少なく過ごせるのでは?というポイントをご紹介したいと思います。

 

治験のバイトの評判からみた治験に適しているタイプは?

健康であること

基本的には健康であれば、治験への参加できる確率は高く、案件数も豊富です。
持病を持っている方用の治験もありますが、健康な方向けの治験は選択肢も広がるので、自分に合った治験を見つけやすいと言えます。

 

時間に余裕がある人

治験は一定期間入院や通院が必要となります。また、事前や事後の検診などにも参加することが条件となっていることが多いので、比較的時間に余裕が無いと参加を続けるのが難しくなります。

 

団体行動やルールを守るのが苦痛ではない方

治験は一人で行うことはなく、集団での参加となります。ですので、人との関わりも避けられない部分もありますので、団体行動が苦痛に感じてしまうという方は継続が難しく感じることが多いです。他にも外出の制限や食事時間、起床・消灯時間も決められています。さらにお酒やたばこも禁止の場合がほとんどですので、これらの最低限の設定されたルールを守れる方が向いていると言えます。

 

時間を持てあますのが苦痛ではない方

治験期間は毎日の薬の投与や採血、診断の時間以外は、自由な時間が多いです。この時間を快適に過ごすために医療機関ではゲームや本・インターネット環境なども整えて配慮はしていますが、それでも、長期間の治験の場合、暇を持て余すということが多いようです。そんなダラダラとしている時間を楽しめる・苦痛に感じない方は治験を継続していくのに向いていると言えます。

 

治験のバイトの評判まとめ

治験のバイトを経験した方で長期の治験に参加した方は上記に挙げているポイントが気にならない、我慢できた人とも言えます。

 

他にも採血が苦手という方や治験後、少しの間、腕に注射の跡が残るので、気になる方は注意する必要があります。

 

治験は実際に参加してみる評判よりも良い印象を感じる方は多いですが、短期間の場合でも一定のルールや制限は設けられていますので、安易に参加をすると途中で耐えられないという場合がありますので、治験への参加は事前にしっかりと内容を確認して参加の申し込みをするのが失敗しないポイントですね。

 

無料で治験情報を探せる大手サイト「V-NET」

 V-NET

 

V-NET