治験とは

MENU

高額バイトと言われる治験とは?

治験のバイト

治験とは医薬品・医療機器の製造、開発を厚生労働省から承認を得る為の臨床試験の一つです。

 

新しい薬はまず、基礎的な実験、動物などで臨床試験を行い、効果や安全性などの評価のデータを取っていきます。そして実際に使用する人間に対しても、3段階の臨床試験を経て結果を求め、効果と安全性が確認できたものを厚生労働省から承認を得る為に行われています。

 

様々な病気や疾患に役立つ新しい薬の候補をボランティアで参加した方の協力を元に薬の効果のデータを取る工程の一つです。

 

治験はバイト?ボランティア?どっちなの?

治験をネットで検索するとバイトではなく、ボランティアやモニターとして表記されています。これは治験に協力する方はあくまで薬の臨床試験に協力してくれるボランティアという位置付となっています。その為、支払われる報酬に関しても給料などではなく、治験に参加、時間拘束に対する「負担軽減費」や「協力費」として支払われる有償のボランティアとなります。

 

当サイトでは治験ボランティアのことを有償ボランティアという点から、分かりやすくバイトと書かせて頂いています。
ですので、治験を紹介するボランティアサイトなどで、治験をバイトと表記して治験情報を配信している、治験登録料や利用料が発生するサイトは利用を避けることをおすすめします。

 

おすすめの治験ボランティア紹介サイトはこちら

 

治験の申し込み方法・治験の期間

治験に参加したい、検討している場合に安心して治験情報を得るためには治験情報を専門に取り扱っている治験ボランティア紹介サイトへの登録をすることで全国各地で行われている治験情報を得ることができます。いくつも治験ボランティア紹介サイトがあるのは、各製薬会社や企業、医療機関との関わりによって、案内する治験情報がそれぞれ違い、地域などによっても変わるためです。

 

自分に合った治験を見つけるには登録するサイトの扱う治験情報や募集地域などの特徴を確認することが効率良く、治験情報を得るポイントとなっています。
治験ボランティア紹介サイトは登録や紹介に関して無料で利用できるところがほとんどですので、まずはサイトへの登録を行い、最新の治験情報を得ることがスタートです。

 

治験参加までの流れ

  1. 治験ボランティア紹介サイトなどで治験情報を得る(ボランティア会員登録が必要)
  2. 登録したサイトから治験情報がメールやサイト上で配信
  3. 気になる治験に申し込み(メール・電話での申し込み)
  4. 治験前の事前検査(治験を受けるのに適した身体状態を確認する)
  5. 治験採用が決まると治験当日から医療機関での臨床試験への参加

ここで知っておきたいのが、治験は参加者の意思が最優先であることで、治験への参加が決まり、治験当日になってやっぱり怖い!となってしまっても不参加の意思を伝えることで参加を辞退できます。これは治験期間に入ってしまっていても同様となっています。

 

治験の期間と報酬について

治験の期間は案内される案件によって違いがあり、1泊や2泊など1週間以内の入院や、入院と通院の両方を行う1カ月を超える長期的な治験などがあります。
報酬(負担軽減費・協力費)についても期間が長ければ長いほど、拘束時間から報酬は高額となり、長期の治験になると50万円を超える案件もあります。

 

短い期間でも報酬が高額な理由は1日24時間を治験に協力しているという計算をしているため、ベットで寝ている時間なども治験のデータを取るための時間として捉えられています。例えば1日の治験で2万円の報酬だとしても24時間協力を時給換算すると20,000÷24=833円となるので、治験期間中のすべての時間を協力していることで考えると高額である理由も理解できますね。

 

安心して治験情報を探せるボランティア紹介サイト

ここまで、治験についてご紹介してきましたが、やはり治験には不安もつきまといますよね。そんな治験に安心して参加するためにも情報を得る紹介サイト選びは大切です。

 

当サイトでは無料で利用できることはもちろん、登録までがわかりやすく、安心して利用できる体制を整えている治験のボランティア紹介サイトをご紹介しています。
各サイトでは治験に関するQ&Aなども掲載していますので、もっと治験について詳しく知りたいという方にもおすすめです。

 

 V-NET
<p>

V-NETの特徴

関東・関西を中心に全国の治験情報を扱っています。

V-NETはサイトトップで随時最新の治験情報を掲載しているので、わかりやすく、見つけやすいというのがおすすめのポイントです。

また、サイト内でもQ&Aや治験についての知識なども掲載しており、登録後の治験情報を探す時の疑問や不安点などもわかりやすく解説しています。

会員への限定情報、緊急の治験募集案内などもあり、登録しておくことで、多くの治験情報を得ることができるのでおすすめです。

サイト利用 登録・会員費無料
評価 評価5
備考 医学ボランティアネットワーク 株式会社ヒューマンリンク運営
V-NETの総評

運営会社
団体名 V-NET(医学ボランティアネットワーク)
運営組織 株式会社ヒューマンリンク
〒550-0014 大阪府大阪市西区北堀江1-6-2 サンワールドビル5F
TEL 06-6567-8770

 

JCVN治験ボランティア

JCVNの特徴

関東・関西をメインに全国の治験情報を紹介しているサイトです。

・健康な成人男女の方の新薬・ジェネリック医薬品の治験
・持病、疾患を抱えている方への新薬や治療法に関する治験
・サプリメントや健康食品のモニター

健康な成人男女以外にも持病・疾患を抱えている方への治験情報も幅広く扱っており、治験情報も豊富です。
登録後の治験に関する説明会でスタッフとも会話ができ、疑問点や不安をぶつけることができる点が納得して治験を受られるので安心感があります。

サイト利用 登録・会員費無料
評価 評価5
備考 株式会社パシフィックグローブ運営
JCVNの総評

運営会社
株式会社パシフィックグローブ
〒141-0031 東京都品川区西五反田2-13-6 セラヴィ五反田ビル6F
TEL:0120-189-408/03-5719-5551 FAX:03-5436-5670 E-mail:info@jcvn.jp

 

ニューイング

ニューイングの特徴

関東・関西・北陸地方・福岡県をメインに全国対応の治験情報を案内しているNPO法人ニューイングが運営しているサイトです。

治験の案内・普及に15年以上関わっている実績があります。
個人情報の保全のための情報セキュリティマネジメントシステムの国際認証のISO27001を取得、臨床試験受託事業協会への加盟など、ボランティアの方が安心して治験を受けられる体制を整えている団体です。

登録サイトも登録までが分かりやすく、安心して治験を受けるためのサポートについても掲載しています。

サイト利用 登録・会員費無料
評価 評価5
備考 NPO(特定非営利活動)法人ニューング運営サイト
ニューイングの総評

運営団体
特定非営利活動法人 ニューイング
〒192-0081 東京都八王子市横山町25番15号
TEL 042-648-1717 FAX 042-631-3633

 

インクロムボランティアセンター

インクロム・ボランティアセンターの特徴

大阪の治験病院での情報を紹介しているサイトで、大阪、関西にお住まいの方はインクロムボランティアセンターが利用しやすくおすすめです。

1983年から治験事業に関わっている会社が運営しているので、実績も豊富で信頼性が高いのが特徴です。

治験の実施する病院は交通のアクセスも良く、環境も過ごしやすさを重視した病院で治験期間を過ごすことができます。

サイト利用 登録・会員費無料
評価 評価5
備考 株式会社インクロム運営
インクロム・ボランティアセンターの総評

運営会社
インクロム株式会社
大阪事業所
〒565-0853
大阪府吹田市春日4-12-11 千里サンプラザ 新館
電話06-6192-0002ファックス06-6192-0221

東京事業所
住所〒160-0022
東京都新宿区新宿 5-15-5 新宿三光町ビル 2F
電話03-5369-3301ファックス03-5369-3305

 

COMCOMモニター

COMCOMの特徴

新薬の治験ではなく、トクホや健康食品、サプリメント、化粧品などの臨床試験のモニター情報をご紹介しています。
モニター募集は土日が多く、週末を利用したモニターのバイトとしてもおすすめです。

これから発売を予定している商品のモニターですので、美容や健康に興味があって、安心して参加しやすいという点でおすすめですね。

募集地域は東京都内(23区内の医療機関に通える方)となっています。

サイト利用 登録・会員費無料
評価 評価5
備考 株式会社エル・スマイル運営
COMCOMの総評

運営会社
株式会社エル・スマイル
所在地
〒105-0023 東京都港区芝浦1-9-7 芝浦おもだかビル7F
TEL03-6435-3287 FAX03-3452-7833

 


治験の知識一覧

治験は報酬が高額なため、不安を感じてしまう事がありますよね。ただ、治験のボランティア・モニターで支払われる協力費、負担軽減費といった謝礼は診察などを受けている時間だけでなく、何もしていない自由時間や寝ている時間も治験の対象時間として定められているので24時間の拘束をしているという治験者に対しての負担や時間拘束に対して協力費、負担軽減費として支払われます。24時間を労働していると計算した場合、金額に...

短期間で高額な報酬が得られるバイトとして人気の治験ですが、実際に参加してみたいと思った時に募集している案件が見つけられない、募集条件がわからないという方は多いです。そんな治験に参加するための募集対象の条件に挙げられるのが、日本国籍である成人(満20歳以上)健康な男女これらが基本となります。ただし、すでに持病や疾患を持っている方用の治験もありますので、治験の案件によって募集資格は変動します。他にもお...

治験は通常のアルバイトと違いボランティアとしての扱いになります。そのため、通常のアルバイトの求人サイトでは情報を得ることが難しいです。治験に参加したい方が治験情報を得るためには治験情報を専門に扱う治験ボランティアの紹介サイトへの登録をすることで、全国の治験情報を得ることができます。治験を案内しているサイトにはそれぞれ、募集地域の傾向や治験の案件に違いがありますので、自分に合ったサイトでの登録をする...

治験のバイト(ボランティア・モニター)に興味がある方で、あと一歩踏み出せないという方に多いのが、薬の副作用への不安だと思います。生活にも影響がある症状が残ってしまったら・・と考えるといくら高額な謝礼が期待できても不安が勝ってしまいますよね。治験での副作用に関する対応まず人に対して行われる薬などの治験の場合、毒性実験や安全性薬理試験などを経て安全性を確認する「前臨床試験」を通過したものが治験へと採用...

治験のイメージというと、新薬を投与されて、体中にあちこち機械の配線を体につけられて、スタッフ監視下のもと、黙っていなければいけない。そんなちょっと怖いイメージを持つ方も居るかもしれませんね。例えがちょっと極端ですが、治験のマイナスイメージの一つでもあります。でも、実際には長期の入院をする治験を体験した方の多くは、「何もしないでのんびり過ごしていただけ」という方が多いです。治験中の生活治験の案件によ...

治験は1日や短期間の参加でも他のバイトと比べて高額な謝礼(協力費・負担軽減費)が貰えることで魅力的です。さらに入院をする治験案件になると、1週間でも10万円近く、案件によってはそれ以上となることがあります。そんな入院を伴う治験案件までの流れや入院生活についてご紹介したいと思います。入院タイプの最新治験情報を知りたい方はこちらへ治験の入院タイプへの参加までの流れ治験ボランティアサイトなどでの治験申し...

治験の中でも報酬(負担軽減費・協力費)が高額な長期の治験ですが、どのような治療が行われるか気になる方は多いかと思います。長期の治験には20泊などの長期の入院をするタイプ1週間などの入院を期間を設けて複数回行うタイプ入院と通院の両方で行うタイプこれらのタイプが多いのが特徴です。治験に参加することで支払われる報酬は診察や治療を行っている時間だけでなく、寝ている時間や普通に過ごしている時間も治験に参加、...

治験は安全と言われても、やっぱり不安を感じてしまう方は少なくありません。でも短期間で高額な謝礼が貰えるのは魅力的というのが正直なところではないでしょうか?そんな方におすすめなのが、トクホ(特定保健用食品)のモニターの臨床試験への参加です。新薬などの治験とは異なり、健康食品やサプリメント、化粧品などの開発に関するモニターですので、薬の治験は不安という方にもおすすめです。トクホのモニターは主婦やサラリ...

治験に関してネットなどで調べてみると、参加するこの危険性に関する質問やコミュニティが多くありますよね。某巨大掲示板などでも副作用の危険性に関して多くの方が書き込みをしています。治験に興味を持った方なら一度はチェックしたことがあるのではないでしょうか?実際の治験の危険性は?治験を行う場合にはまず、それ以前にいくつかの前臨床試験治験を経て、効果や安全性などの評価のデータが得られた薬などが、人に対しての...

治験は短い期間、例えば1日や1泊2日などでも10,000円〜30,000円といった、謝礼があり、他のアルバイトと比べても報酬が高く、高額バイトとして人気があります。ただ、これだけ見ると、なぜ短期間でこんなにお金が貰えるの?と少し不安に感じてしまう部分がありますよね。なぜ治験は報酬が高額なのか治験の報酬が高額な理由は危険なことをしているからということではなく、治験に参加している間、参加者を24時間拘...

訳あって、仕事が出来ていない、求職中といった無職の方にも治験は人気が高いバイトのひとつです。健康な体であれば、比較的短期間で通常のバイトよりも高額な謝礼も貰えるので、次の転職までの貯金や生活費としてまかなうことができます。治験の主な募集資格治験の主な募集資格では日本国籍で成人(満20歳以上)の健康な男女というのが基本としてあり、これは難しい条件ではありません。治験によってはBMI18.5以上25....